ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

お肉を食べて低栄養を防ぎましょう

お肉を食べて低栄養を防ぎましょう

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

 

 厚生労働省の調査によると、70歳以上の高齢者の15パーセント以上、80歳以上では30パーセント以上が低栄養状態に陥っているという報告があります。低栄養状態になると、体重が減少するばかりでなく、免疫力が落ちて感染症にかかりやすくなり、筋肉量の減少により、骨折や寝たきりになる危険性が高まります。同調査で、高齢者の魚介類や豆類の摂取量は、40代と比べて1日あたり10~20パーセント増えているのに対し、肉類は約半分しかとれていない事があきらかになりました。そこで、日本獣医生命科学大学の江草愛博士が、高齢者の健康問題の一つである低たんぱく質栄養状態に着目し、お肉のタンパク質摂取でどのようになるかを研究しました。その結果、食肉タンパク質を与えると、1週間で体重が元に戻り、2週間で、たんぱく質制限をしなかったマウスを超える血清アルブミン値の回復が認められました。加えて、食肉タンパク質を与えると、一般的な餌を与えた場合に対して、牛肉で20パーセント豚肉で30パーセント握力がアップし、合

わせて持久力も向上する事が分かりました。

2018716104217.JPG201871610456.JPG

お肉にはビタミンB群、ビタミンAが豊富です。

ビタミンやミネラルは微量ながら、健康な生活に欠かせません。不足すると疲れやすくなり、食欲不振、肌荒れのトラブルを招きます。お肉には、エネルギーの代謝に必要なビタミンB群や、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAが豊富。また、抗酸化作用があり、若わかしさを助けるビタミンE、貧血を防ぐ鉄分や、塩分を排出して血圧を下げるカリウムなどのミネラルを含みます。

豚肉に含まれるビタミンB1は抜群に多く、約120gで一日の必要量を満たすことができます。

ビタミンB1は、体内で糖質をエネルギーに変える時に働く他、ちゅうすい神経、末梢神経のコントロールにもかかわります。不足すると疲労や虚脱感を覚え、神経のコントロールに支障をきたし、運動能力の低下や情緒不安定、強いストレスなど、日常生活に影響を及ぼします。

 

201873165527.JPG

月刊誌「ノジュール」の掲載

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

5月に取材を受けた、ぶんごやの「中津からあげ」が「ノジュール」7月号に掲載されました。

城作りの名手、黒田官兵衛が九州で初めて築城した「中津城」は、天守閣からの眺めが素晴らしく、取材日は遠く山口県まで望めた。日本三大水城としても知られており、今も、官兵衛時代に築かれた石垣を見る事が出来る。最後に食肉店でもある「ぶんごや」で中津名物でもある「中津からあげ」を買い求めて、この度の目的はすべて達成。列車の中から遠ざかる中津城を眺めようと思っていたのに、座席に着いた途端に、昨日同様、夢の中へ、、、よく遊び、ぐっすり眠る、非常に健康的な1泊2日の鉄道旅となった。~

博多から大分、別府、宇佐、中津、の取材、お疲れさまでした。中津城では、奥平家歴史資料館、又、中津名物の「中津からあげ」の取材も有難うございました。今後ともどうぞ宜しくお願いします。

2018629114213.JPG      201862911462.JPG

 

 

全国食肉衛生同業組合大分大会

6月21日大分市の「ホテル日航大分オアシスタワー」で第59回全国食肉生活衛生同業組合の全国大会が35年振りに大分で開催されました。北は北海道から南は鹿児島より、全国から230名の会員が集合しました。主催者を代表し、大分県食肉生活衛生同業組合、理事長 清田浩徳氏の挨拶に始まり、「大会宣言文採択」と「大会決議文採択」が行われ、全国食衛組合 肥後辰彦会長、来賓祝辞、は厚生労働大臣、代理、加藤勝信様、大分県知事、広瀬勝貞様、大分市長、佐藤樹一郎様、全国食肉事業協同組合連合会、河原光男会長、日本政策金融公庫、田中一穂総裁、等の挨拶が終わり、第2部の「懇親会」の始まりです。開宴のことば、は大分県食肉組合副理事長、西郡義照の登壇です。「皆さん今晩は、北は北海道から南は九州鹿児島、全国各地から御参集頂き有難うございます。長時間にわたりお疲れさまでした。大分でもナンバー1と言われます当ホテルのシェフとスタッフにより真心のこもった料理と、都町から美女軍団もおいで頂いております。北朝鮮の

美女軍団とは格が違います。準備万端相調いました。只今から第59回全国大分大会の懇親会を開宴致します。」大分豊後牛のステーキや豊後牛のタタキなどが十分すぎるほど、振舞われました。


2018623132722.JPG201862313281.JPG

日本文理大学生の調査来店

こんにちは、「ブログ」担当Nです。

本日、大分の日本文理大学生4人が中津市の名所、名物、等を回り中津市の魅力についての調査や掘り起こし、をして12月ごろまでにまとめ、町おこしや、魅力の発見材料として、意見発表しそれぞれの地域の活性化に貢献されるものと思われます。男女二名ずつ来店し「中津からあげ」と「牛肉ハンバーグ」を買い、うまい!おいしい!と言ってパクパク食べていました。

~お客様の声~ 広島からきました!お手洗いをお借りしたものです。有難うございました!「中津からあげ」を食べるのも楽しみですが、鶏タタキを食べるのも楽しみです。スタッフの方、優し        く美人でした。Tさん ~大分から群馬のジイジとバアバを連れて「中津からあげ」を買いに来ました。娘と姪はまだ赤ちゃんだから、食べられませんが、いつか皆で食べたいで        す(^v^)。とても美味しいので絶対又来ます!Yさん

          

 20186916111.jpg

劇団カッパ座団員さんとの食事会

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

過日、宇佐市での「カッパ座」公演が終わり、中津PL教会の駐車場で二十数名の団員さんとの懇親食事会に参加しました。団員さんは殆ど20代~30代の方たちが主です。

年間を通じて北は北海道から南は沖縄まで公演をして回っています。御苦労さまです<m(__)m> 団員さんが用意したメニューは、「中津からあげ」豊後牛の焼き肉、大分産若鶏の手羽先、鹿肉の

骨付きバラ、その他、団員さん自ら腕をふるって作った、豚肉焼きソバ、これは団員さんが自慢するだけあって好評でした。焼肉では、鹿肉の骨付きアバラ肉は、好評ですぐに品切れとなりまし

た。 鹿肉の骨付き、は普通は販売されていません。会員さんにベテラン猟師がいて、上質の鹿を捕獲したときに、きれいに処理し冷凍して、保存していたものです。上質の骨付きバラ肉はなかな

か入手できないそうです。

201866103942.JPG201866104019.JPG201866104056.JPG

 

 

小学生の職場訪問

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

5月30日、6月1日、と二日続いて北部小学校の二年生4クラス100名が「ぶんごや」のからあげや、牛肉、豚肉。鶏肉、の見学にきました。やはり一番人気は「中津からあげ」のようです。

~からあげは、どうしてつくるのですか?~一日に何キロぐらい売れますか? ~一日に何人ぐらいお客さんがきますか? ~からあげの味はどうして作るのですか?鶏肉はどこから来るのです 

か?等など。興味深々、子供の目は輝いています。

~お客さんの声~ 広島からやってきました。ジジ、ババ、を連れて8人旅です。先日、テレビで見て別府からの帰り道です!「中津からあげ」食べるぞ~!

         中津の豊陽中学校から来ました。からあげ美味しかったです。ありがとうございました。メチャクチャおいしかったです。また買いに来たいと思います。Uさん、Iさん、tさん20186117131.JPG201861171345.JPG201861171431.JPG201861171740.JPG

 

台湾からのメデイア取材

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

先日、中津市役所観光課の紹介で、台湾の「旅行玩楽学」からスタッフ2名と通訳1名を案内して中津市役所観光課の職員が「ぶんごや」本店にやってきました。

台湾では、外国の観光地案内はテレビやパンフレットと同じくブログを利用する方が大変多いそうです。今日の取材はそのブログを専門に扱っている会社だそうです。

「中津からあげ」のなかでも特に人気商品の「骨なしからあげ」と若鶏の「ネック」のからあげを美味しそうに試食していました。台湾にもからあげは、あるそうですが味は濃く過ぎて、「中津か

らあげ」のほうが、優しい味で食べやすいと言っていました。これから「中津城」や「耶馬溪サイクリングロード」の取材に向かうそうです。これを機に、中津市周辺にも台湾からの観光客が

増えるといいですネ(^v^)

2018531102859.JPG201853110303.JPG

劇団カッパ座公演

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

5月30日(水曜日)宇佐市の「ウサノピア」でカッパ座公演が行われます。劇団カッパ座とは、1968年に設立されて、今年で50年を迎えます。50年間人形の中から、子供たちの瞳を見続け、感動

し涙し、日々新しい気持ちで様々な舞台に立ち続けています。ひたすらに子供たちの幸せを願いながら。舞台以外では、NHKEテレ(教育テレビ)遊園地、幼稚園団体、会館自主公演など、幅広

公演をを継続しております。今回のタイトルは「ふたりの王子」です。英国王子エドワードとロンドンの貧民街で乞食として生きるトムは、同じ日に生まれ、容姿も良く似ていたことから、興

味本位で衣服を交換してみることに。トムは憧れの宮廷生活、エドワードは乞食として庶民の生活を。ところが、国王の死によって戴冠式を迎えることになったトム、物語は、感動的な結末に向

かいます。「カッパ座公演」は中津文化会館でも毎年公演が行われています。公演終了後、今年は、PL中津教会でカッパ座団員二十数名とPL中津教会員二十数名で、ぶんごやの「中津からあ

げ」と「焼き肉」で慰労会の予定です。

  

 2018528163258.JPG201852816343.JPG