ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

日本ジビエ振興協会の研修会

こんにちは「ぶんごや」ブログ担当Nです。

先日、日本ジビエ振興協会主催のジビエ、講習、研修会に参加してきました。先ず、ジビエとは「食用として捕獲された野生鳥獣」又はそれを使った料理。猟期(冬)の捕獲と

鳥獣被害被害対策として捕獲される場合がある。北海道にはエゾシカ、屋久島にはヤクシカ、沖縄にはリュウキュウイノシシが生息する。捕獲は箱罠、くくり罠、銃などで行う。

ヨーロッパでは貴族が自分の広大な領地で狩猟を楽しみ、お抱え料理人に調理をさせていたという歴史がある。捕獲・食用としてよいのは、シカ、イノシシ、野ウサギ、マガモ、キジ、

山バトなど狩猟が認められています。野生鳥獣による農作物被害額は161億円(令和2年)全体の約7割が、シカ、イノシシ、サル。森林の被害面積は全国で年間約6千ha(令和2年)このうち

シカによる被害が約7割を占めます。

2022815105853.JPG

 

202281511229.JPG

元気を保つには肉を食べて栄養を!

こんにちは「ぶんごや」ブログ担当Nです。

今日は精神科医和田秀樹教授の、テレビ番組でのお話を紹介します。70代は肉を食べて栄養を!{80代の壁」を超えたら”幸齢者”に!70代は老化の分岐” 大いに肉を食べて栄養を

つけましょう。衰えていく人と元気に生活できる人の差がはっきりあらわれてくる時期です。お肉のタンパク質は筋肉や骨、血管などの材料にもなるため、不足すると筋肉量や

骨密度が減り転倒や骨折をしやすくなります。又、男性ホルモンが減少すると、行動意欲が低下します。肉を食べると男性ホルモンの材料となるコレステロールを摂取できるので

積極的に肉を食べて健康年齢を重ねて下さい。

 

 

2022722152059.jpg2022722155530.JPG

大分合同新聞掲載 (和牛肉、米340人分贈る)

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

地域の子どもたちに喜んでもらおうと、中津市豊後町の「豊国畜産ぶんごや」の西郡義照会長(78)が5日、340人分の県産牛肉と市内山国町産の米を贈った。

市が児童養護施設2か所と子供食堂5か所に届ける予定。牛肉は34キロ米は340合(51キロ)市役所で式があり、西郡会長が「美味しいと喜んでくれ、元気を出して勉強や

運動に頑張ってくれたら嬉しいです。」元気でいる限り今後も出来る事を続けていきたい」とあいさつ。奥塚市長は「食べ盛りの子供たちが喜ぶ」と感謝した。

西郡会長は20年前、インドの貧しい子供を支援する活動に関わったのをきっかけに、地元の母子家庭や児童養護施設の支援に取り組んできた。総額は1千万円を超えると言う。

同社は市内で食肉店3店舗、唐揚げ専門店「ぶんごや」を県内外で20店舗、展開している。(内田杏実)~ささやかな社会奉仕が今回は大分合同新聞と、毎日新聞に掲載されました。~

2022712112119.JPG2022712112512.JPG

食材の寄付

こんにちは、ぶんごやブログ担当Nです。

今回は一昨年の「中津からあげ」とは趣向を変えて、中津市内の(子供食堂)272名(児童養護施設)68名合計340名分の「和牛丼」の材料として、牛肉35キロ、山国産米45キロを寄付させて頂きました。子供達が「和牛丼」をお腹いっぱい食べて、勉強や運動に元気で頑張って生活される事を願っています。お客さんの声~ 中津出身の声優さんのオススメと聞いて福岡からやって来ました。確かに「中津からあげ」は美味しかったです。 Tkさん 。~  福岡からわざわざありがとうございます。またお越しください。

 

 

202279151759.JPG202279152028.JPG

信金中央金庫「はれ予報」の取材

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

昨日は、全国の信用金庫と共に地域社会の未来を創造するSCB(信金中央金庫)の取材で3人のスタッフが来店されました。

中津からあげ発祥の由来、中津に唐揚げの店が多いのは、どうしてでしょうか?中津からあげの美味しさの秘訣は何ですか?中津からあげが全国的に有名になったのはどうしてですか?等々、市内の行き先々に唐揚げ店の多いのにはビックリしていました。

~お客さんの声~ 福岡から来ました、去年の夏に、ぶんご屋さんのお肉とからあげを送ってもらいましたが、美味しかったので今日は友達とお肉とからあげを

                                        買いに来ました.お肉も唐揚げも最高に美味しかったので楽しみです、 I,Sさん。 ~福岡からわざわざありがとうございました~!(^^)!

      

202262917333.JPG202262917645.JPG 

鳥獣被害金額3年連続最小に

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

2021年度の鳥獣による大分県内の農林水産物の被害金額は約1億6000万円で前年度から約310万円減った。1983年に統計を取り始めて以降、3年連続で最少を更新した。

被害の内訳は農業が75%を占めて、林業20%、水産業5%、が続いた。加害鳥獣はイノシシが57%、しかは25%、猿やカワウソ、その他が18%だった。

国や県は被害の大きいい集落に対し、農林地を防護さくで囲む費用を助成している。21年度は総延長734・7キロメートルで柵を設けた。22年度は795.8キロの設置を計画しています。県内の

狩猟免許所持者は5468人。60代以上の狩猟者登録が7割以上を占め、高齢化が進んでいます。

 

2022624155451.JPG202262316147.JPG

おいしい牛肉の見分け方

こんにちは、ぶんごやブログ担当Nです。

牛肉の品種名では基本的に、黒毛和牛、褐毛牛、交雑牛、ホルスタイン種、となります。鮮度の良い牛肉はつやがあり、赤身の色が鮮やかで、脂肪との境界がはっきりしています。

特に、黒毛和牛、を2週間から3週間位熟成させると、肉の旨味が増して最高の味になります。

~お客さんの声~ 福岡県久留米市から来ました。高校生の時に、中津に来てぶんご屋さんの唐揚げを食べてその味が忘れられず、やっと今日来れました。幸せでーす~

             遠方から来ていただきまして、本当にありがとうございます!(^^)!  またのお越しをお待ちしております。m(__)m

2022614164819.JPG

ユニセフ通信

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

西郡義照様、日頃から世界の子供たちの成長を支えて頂き誠にありがとうございます。ユニセフ(国際連合児童基金)のカーラ;ハダッド;マルデイニです。

パンデミックがもたらした未曾有の経済不況をきっかけに、世界の飢餓の状況は急激に悪化しました。栄養不足に苦しむ人は、世界人口の約1割、最大では8億1100万人にも上ります。

特に、以前から紛争や災害、貧困に苦しんできた途上国の子供たちにとって、食べられなくなることは生きるための最後の力を奪われることに他なりません。

困難な時代に生まれた子供たちが、空腹の中で命を落としています。アフリカのマダガスカル南部では、長引く干ばつのため食糧難が日に日に深刻化しています。14歳のラハは、長男として

家族を飢えさせまいと農家の手伝いや薪拾いをして毎日懸命に働いていますが、わずかな芋や米しか手に入れることができず、幼い弟たちはひどい栄養不良の陥ってしまいました。

保険員3人が200人を超える急性栄養不良の子供の治療に追われています。過酷な世界を生きる子供たちが空腹の中で命を落とすことを、何としても食い止めるため、

どうか皆様のお力をお貸しください。~( ささやかな気持ちですが振り返れば20年を越えました、これからもささやかですが出来る限り支援を続けたいとおもいます)~

 

202268143621.JPG    202268143723.JPG

ウクライナ人道支援寄付金のお礼

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

先般、ウクライナから大分県日田市へ避難してきた6名の方々は、キーウ西部のジトーミルからポーランドに一時避難し、そこから知人を通じて日田市まで来たそうです。

「NPO法人リエラ」の支援活動を知り私共夫婦も心ばかりの支援寄付をさせて頂きました。一日でも早く平和が訪れるように祈っております。

   ~お客さんの声~  大塚町から「からあげと」ハンバーグ、を買いに来ました。お母さんが、いそがしいので私が買い物に来ました。今から「ゆめタウン」に行って

              野菜とトマトをかってかえります。ITさん ~ お母さんの手伝いができてお利口さんですね!(^^)! 車に気を付けてお帰り!

            ~5月20日東京から来ました。約半年ぶりの中津唐揚げです。骨付きもも肉一本一人で食べることができて、しあわせです。!(^^)!

      2022523113344.jpg2022523113421.JPG

 

日本の食品ロス問題

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

現在日本では、1年間に600万トン以上もの食品が捨てられています。これは、世界中の飢餓に苦しむ人々に向けた食料援助量の1.5倍以上の量になります。

日本人1人が毎日ご飯茶わん1杯分の食品を捨てている計算になります。(消費者庁ホームページ2020年8月時点)その約半数が我々の家庭から捨てられています。

食品ロスのおよそ半数は、食べ残しや冷蔵庫に入れた後の使い忘れ、本来食べられる部分を捨てているなど、私たちの家庭から出たものと言われています。私たちにとって身近で重要な問題です

お客さんの声~ 洋ちゃんと明奈ちゃんと「からあげ」研究の旅楽しんでいますレインボーチキンが大成功になりますように頑張ろう!KI

 

2022531725.JPG20225317240.JPG20225317312.JPG