ホーム>スタッフブログ>その他>中津からあげぶんごやの肉・知っトク?【揚げものマメ知識】
その他

中津からあげぶんごやの肉・知っトク?【揚げものマメ知識】

おはようございます。

豊国畜産「中津からあげ ぶんごや」ブログ担当のNです。

 

揚げものは、高温の油の中で加熱する調理です。熱の伝わり方は油の対流熱によって行われます。

材料が高温の油で熱せられると、水分が減り、代わりに油を吸収します。

 

高温のために材料に適度な焦げ味が加わって風味を増します。

揚げ油の温度は、素揚げや唐揚げ、フライなどによって違いますが、160度から180度等、レシピに従って美味しい揚げ料理を作ってください。

 

当社では「中津からあげ」を揚げるときは、一晩味に漬けこんで揚げる前に澱粉をまぶして油の温度は170度で5~6分で揚がります。

そうすることにより、表面はパリット揚がり鶏肉の中ほどはジューシーに揚がり、口に入れて噛んだ時に、とても美味しいです。

中津からあげのぶんごやでは経験と知識でからあげがもっともおいしくなる揚げ方にもこだわってます。

 

友達から「中津からあげは、ぶんごやさんが美味しいヨ、と聞いたので福岡から家族で中津からあげを買いに来ました。」と言うお客様や、

山口県から来て下さったお嬢さんグループは「ぶんごやさんで、中津唐揚げをネット注文で購入して食べましたが、大変美味しかったので、今日は休みを利用して友達とわざわざ中津市豊後町の本店まで中津唐揚げを買いに来ました。」と。

 

遠方からわざわざご来店頂き本当に有難うございます。

ぶんごやのファンが県外各地にもだんだん増えてくれております。

大変有難い事です(^-^)

 

 

 

2016115102253.JPG  2016115102148.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bungoya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/137