ホーム>スタッフブログ>食肉としてのニワトリの歴史
スタッフブログ

食肉としてのニワトリの歴史

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当のNです。

ニワトリの歴史は、そのまま肉食の歴史でもあります。日本にニワトリが入ってきたのは、弥生時代くらいであり朝鮮半島を経由してきたのではないかと考えられています。

当初は時を告げる鶏として、観賞用として、又は闘鶏用として飼育されていたようです。鶏しん(けいしん)という言葉は、ニワトリガ夜明けを告げるという意味だそうです、

日本には古来からイノシシやシカなどの獣肉を食べる文化がありました、仏教の普及などにより獣、特に四足の獣を殺して食べることはおおっぴらに出来なくなったようです。

鶏の肉は扱いが少し違っていて、キジ等は食用とされていたようです。江戸時代には薬と称して、様々な動物の肉が食べられていたようです、しかし、鶏の肉といえばニワトリではなく軍鶏(シャモ)だった可能性があります。当時でもニワトリは時を告げる特別な鳥として、食べることには抵抗があったようです、鶏の肉というと、ニワトリよりカモだったようでもあります、

「中津からあげ」は、終戦後、旧満州から引き揚げて日本に帰国した人が、考えはじめて販売をするようになったそうです。

20171212114139.JPG20171212114222.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bungoya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/263