ホーム>スタッフブログ>懐かしい風景
スタッフブログ

懐かしい風景

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

今では珍しい稲穂の掛け干しです。2~30年前までは、お米の収穫はすべてこのように木の三脚に長い竿をかけ

手で刈り取った稲を掛けて、乾燥させていました。天気が良くて1週間、雨が降るとまた4~5日伸びてそれから

稲こぎでした。さらに、その籾をむしろで晴天で2~3日天日干し、それからやっと脱穀です。機械化された現代

の、農作業からは想像もつかない位の手間暇が掛かっていました。昔の人たちは本当に良く働いたものです。今で

は先ず見る事のない農村風景です。この写真は中津市山国町で撮ったものです、お米を収穫したあとには、す

ぐに野菜の植え付けをするそうです。

 

 

 2018112173144.JPG2018112173217.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bungoya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/325