ホーム>スタッフブログ>中津城の桜も五分咲きか?
スタッフブログ

中津城の桜も五分咲きか?

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

中津城の花見客もぼつぼつ増えているみたいです。今日(29日)現在五分咲き位と思いますが、「ぶんごや」で中津唐揚げを買いそのまま、中津城へ向かうお客さんもいます

旧中津城藩主奥平家は天正三年五月(1575年)の史上名高い『長篠の戦い」で貞能、貞昌父子が活躍しました。武田勝頼軍一万五千人によって長篠城が包囲され、長篠城主貞昌は、僅か

五百人で籠城、激しい攻撃に耐えつずけました。落城寸前に織田信長、徳川家康連合の援軍が到着、長篠城の西方約三キロの設楽原で、織田・徳川連合軍が激突、武田軍は織田・徳川連合軍が

築いた馬防柵や大量の鉄砲の前に大敗北しました。この長篠城籠城の功で貞昌一族には次次に領地が与えられ、享保二年(1717年)奥平家第七代昌成が中津十万石の領主として中津城に入りま

した。

2019329144434.JPG201932914455.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bungoya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/355