ホーム>スタッフブログ>改正種苗法と種雄牛
スタッフブログ

改正種苗法と種雄牛

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

農林水産省は9日、国内で開発されたブランド果実などの種や苗木を海外へ不正に持ち出すことを禁じた改正種苗法が今月施工されたのに伴い、持ち出し禁止などになる1975品種を発表

しました。大分県のイチゴ「べリーツ」、福岡県の「あまおう」のほか、高級ブドウ「シャインマスカット」などがたいしょうで海外流出の抑止を図ります。

日本の代表的な「和牛」の種雄牛から採取した精液も、オーストラリア、アメリカ、中国などに一部密かに持ち出されていましたが、数年前に「和牛」の精液も、正式に持ち出し禁止の法律が制定され罰則が強化されました。既に海外に持ち出された、高品質の和牛は、もう既に海外では生産されていますが、餌の配合や飼育管理が日本の技術に及ばず、肉質も充分ではないようです。

お客さんの声~ 北九州は戸畑から来ました。パパ、ママ兄弟6人で耶馬溪めぐりに行った帰り道です。中津からあげ食べるぞー! TKさん

202141095954.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bungoya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/457