ホーム>スタッフブログ>トクする牛肉の"おいしい話"
スタッフブログ

トクする牛肉の"おいしい話"

こんにちは、ぶんごやブログ担当Nです。

一言で「牛」といっても、その種類は様々です。国内で生産された牛は、国産牛と呼ばれます。国産牛は、我が国原産の黒毛和種に由来する「和牛」と「乳用種」(ホルスタイン種)、「交雑種」の3グループにわけられます。「和牛」は日本で古くから肉質改良された牛、主に4つの品種(黒毛和牛、褐毛和種、日本短角種、無角和種)があります。「乳用種」は本来は牛乳生産目的で

飼育している主に雄の子牛を、食用目的に育てます。ホルスタイン種が大半を占めています。「交雑種」は乳用種と肉専用種を交配して生れた牛の品種。乳用種に和牛の種を交配させた国産牛が

増えています。国産牛肉は、何と言っても焼いたときの”香り”、香ばしいかおりなどが混ざり、食欲をそそるお肉の香りを醸し出します。黒毛和牛を加熱調理した時に生じる特有の甘い香りは、

 「和牛香」とよばれます。「ぶんごや」さんの和香牛を又、ご賞味くださいm(__)m

2021623144945.JPG2021623145041.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bungoya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/464