ホーム>スタッフブログ>見直される「コレストロール」
スタッフブログ

見直される「コレストロール」

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

これまでの長い間、コレストロールの値は低い方がいいと思われてきました。血管を詰まらせ、動脈硬化、脳卒中を引き起こすと考えられていたからです。けれども「健康」に関する実証データから、コレステロールの働きが見直されつつあります。コレステロールは、体内の無数の細胞膜を形成する成分で、脳の健康にも重要な役割を果しています。

コレステロール値が低いと「うつ病」を発症しやすく、高齢者の死亡率が高いこともわかってきました。豚肉は、牛肉同様、コレストロールを、ほどよく含んでいます。

お客さんの声~ 中津市南堀川町の舗装工事をするためにきました。昨日夕食のおかずに唐揚げを買って帰りました。最高においしかったです。きれいな道路を作ります。KYさん

 

                    ~ 昨日は「ぶんごや」のからあげをお買い上げいただき有難うございました。道路の舗装工事、よろしくお願い致します。~

 

 

2021914163522.JPG    2021914163550.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bungoya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/473