ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ユニセフ(国際連合児童基金)からの感謝状

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです

世界には、貧困、社会インフラ欠如、衛生に関する正しい知識の不足、農村部や災害頻発地域といった地理的背景など、様々な理由で不衛生な環境下で生きることを強いられている子供たちがいます。安全に管理された水へのアクセスがなかったり、せっけんを使った手洗いをを含む衛生習慣が定着していなかったりするために、下痢などの予防可能な病気が5歳未満の子供が命を落とす主な

原因にもなっています。~子供たちが健やかに成長すためには、衛生的な生活環境が不可欠です。~ 皆様からの貴重なご支援が大きな力となり、ユニセフは2019年、50か国930万人に

衛生サービスを提供し、90か国で地域コミュニティを中心とした手洗い促進活動を展開しました。また、8026校240万人の子供たちが学校で基本的な給水、衛生設備(トイレ)、手洗い設備を利用できるよう支援し、100万人の女の子と女性に、月経時の保健衛生サービスと物資を提供しました。加えて、ユニセフは屋外排泄の根絶にも尽力しており、26の優先国で「屋外排泄ゼロ作戦」を継続した結果、22267のコミュニティで根絶を達成しました。

    ~ささやかな協力ですが10年間続けてきました、これからも子供たちのために協力させて頂きます。~

 

 

202172294617.JPG202172215400.JPG202172294653.JPG
 

すごいネ!お肉パワー

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

食肉の栄養分である「たんぱく質」は筋肉、血液、臓器等、人の体を形成する主成分となっているのがたんぱく質。栄養源として欠かせず、免疫力を高める働きもあり、不足すると筋肉が弱ったり

貧血になったり、病気にかかりやすくなります。お肉、魚などの動物性たんぱく質と、豆腐等の大豆製品に代表される植物性タンパク質があり、毎日の食卓では、主なおかずの材料として登場し、

大切な栄養源となっています。人の体のタンパク質は、約30分の1が毎日入れ替わり、健康を維持しています。又、必須アミノ酸はたんぱく質の入れ替わり(代謝)に必要なのがアミノ酸で、

その中でも体内で合成できない9種類のアミノ酸は、食品からしっかり摂らなくてはなりません。食肉は、この必須アミノ酸を豊富にバランスよく含んでいます。しかも消化吸収に優れ、体内で

無駄なく働きます。

2021714112747.JPG202171411299.JPG

豚肉の栄養と機能

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

タンパク質やB1をはじめ、ビタミン類がとても豊富。良質のタンパク質は血圧の上昇を防ぎ「脳卒中」を予防します。また、うまみ成分と共に脂質にはオレイン酸など不飽和脂肪酸やコレステロール値を下げるステアリン酸も含まれ、今見直されています。ビタミンB1は、体内で糖質をエネルギーに変えるときに大きな仕事をします。また中枢神経、末梢神経の

コントロールという大事な働きもしています。ビタミンB1が足りないと、活動のためのエネルギーが不足して疲れや虚脱感を感じます。

神経のコントロールが充分に出来なくなり、運動能力の低下や情緒不安定になり、ストレスを強く感じるなど、日常生活に大きく影響します。豚肉は、あらゆる食品の中でも100gの

ビタミンB1の含有量が抜群に多く、約120gで1日の必要量を満たすことが出来ます。

202178113558.JPG

 

牛肉の「熟成」とは

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

牛などをと畜(と殺)した直後のお肉は、やわらかさやジューシーさは高いものの、味や香りが乏しい状態です。また、しばらくたつと死後硬直を起こして硬くなり、水分が減少しジューシーさも

低下してきます。しかし、低温で貯蔵するとやわらかくなり、ジューシーさも回復して、味や香りもよくなります。適切に低温貯蔵することによって、お肉が美味しくなることを「熟成」と呼びます。また、うまみ成分にも変化が現れます。牛肉を熟成すると、うまみ成分であるグルタミン酸が増加します。イノシン酸は分解されて減少しますが、分解物のヒポキサンチンが増加し、コクが

アップします。また、モモ肉はロース肉に比べてグルタミン酸とイノシン酸が多くなっています。つまり!「熟成」とは、低温貯蔵によってお肉のやわらかさ、風味が向上して美味しくなること、

熟成に伴い、お肉のうまみ成分も変化することです。お中元や、お祝い等に~ぶんごや」の熟成肉をご利用ください。

トクする牛肉の"おいしい話"

こんにちは、ぶんごやブログ担当Nです。

一言で「牛」といっても、その種類は様々です。国内で生産された牛は、国産牛と呼ばれます。国産牛は、我が国原産の黒毛和種に由来する「和牛」と「乳用種」(ホルスタイン種)、「交雑種」の3グループにわけられます。「和牛」は日本で古くから肉質改良された牛、主に4つの品種(黒毛和牛、褐毛和種、日本短角種、無角和種)があります。「乳用種」は本来は牛乳生産目的で

飼育している主に雄の子牛を、食用目的に育てます。ホルスタイン種が大半を占めています。「交雑種」は乳用種と肉専用種を交配して生れた牛の品種。乳用種に和牛の種を交配させた国産牛が

増えています。国産牛肉は、何と言っても焼いたときの”香り”、香ばしいかおりなどが混ざり、食欲をそそるお肉の香りを醸し出します。黒毛和牛を加熱調理した時に生じる特有の甘い香りは、

 「和牛香」とよばれます。「ぶんごや」さんの和香牛を又、ご賞味くださいm(__)m

2021623144945.JPG2021623145041.JPG

 

「疲労回復」のビタミンB1

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

「ビタミン、ミネラル」でトラブル知らず⁉ お肉にはエネルギーの代謝に必要なビタミンB群や、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンA、若々しさを助けるビタミンEなど、体のトラブルを防ぐ

ビタミンが豊富です。貧血鉄分や塩分を排出して血圧を下げるカリウムも等のミネラルも含んでいます。長寿の人ほど動物性食品をしっかり摂り、脂肪分を控えていない、脳活動にも役立つ

「脂質」がたっぷりで、又、体の大切なエネルギー源かつ、体内にある60兆個もの細胞(膜)の原料である脂質。不足すると神経細胞の膜がもろくなり、記憶力の低下につながります。

また、ストレスに対抗するホルモンの材料としても注目されています。(「疲労回復」のビタミンB1)~体内に疲労物質がたまるのを防ぎ、ストレスに負けない体づくりをサポート。とくに

豚肉に多く含まれ、約120gで一日の必要量を満たすことができます。

2021611141923.JPG2021611142110.JPG2021611142449.JPG


 

何しとるん?八面山の山中で!

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

先日、中津市三光の八面山の山中を歩いていたら、大きな岩の下で小学生ぐらいの子供が座り込んでうずくまっているではありませんか、しかも奥深い山の中です。もしかして家出?自死準備?まさか?と声をかけてみました。~ぼくこんにちは~失礼でした少し小柄の青年でした。ロッククライミングの練習に来て休憩中の時でした。県南の大野町からそのためにわざわざ八面山まで練習に来たそうです。写真を一枚お願いしたらすぐにフライミングを始めました。~ くれぐれも怪我のないように気をつけてください~

 

お客さんの声~ 今日は私の誕生日です、ついに25歳になりました。結婚間近です、彼氏と二人で中津からあげを食べに来れて良かったです。結婚式前にもう一度ぶんごやの唐揚げを食べに来ます

                                             ご結婚おめでとうございます!(^^)!お幸せに

       友人たち5人で箱崎町から「中津からあげ」を食べに来ました。今日で僕は3回目です。ぶんごやさんの唐揚げはめちゃくちゃ上手いよ! T.Uさん

                                            有難うございますm(__)m また来てくださいね、気を付けてお帰り下さい!

 

 

 

202161155839.jpg   202161155910.jpg

健康長寿になぜかお肉

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

今も昔も、~健康・長寿にはお肉~なぜだか知っていますか?牛肉や豚肉には体の基礎をつくる「たんぱく質」、疲労や貧血など体の不調軽減に役立つ「ビタミン、ミネラル」といった、

健康に欠かせない栄養素が詰まった~健康・長寿フード~。日々の食生活に取り入れて、元気に過ごしましょう!良質なたんぱく質は筋肉や臓器、皮膚、毛髪など、体の基礎をつくる大切な

栄養素。病気にかかりにくい、健康な体ずくり役立ちます。人間の体のタンパク質は一日に役30分の1が入れ替わり、私たちの健康維持につながっています。良質なたんぱく質を毎日摂取する

ことが大切です。「コレストロール=悪」というのは、もはや昔の話! コレストロールは、健康、長寿に必要なビタミンD,男性ホルモン、女性ホルモンの原料。血中のコレストロール値を下げすぎると、がん、脳血管疾患、自殺やうつのリスクが高まると言われています。

 

202151511120.JPG2021515111254.JPG2021515111325.JPG

国内でも変異株のワクチン開発着手

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

国産の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験が製薬ベンチャーのアンゼスと大手の塩野義製薬は9日、変異株の合わせたワクチン開発にも着手したことを日本感染症学会学術講演会で明らかにした。変異がある南アフリカ株などでは従来のワクチン効果が弱まる可能性が指摘されている。アンゼスはウィルスの遺伝情報を生かしたDNAワクチンを開発中。既に進めているものとは別に

南アフリカ株やブラジル株に対応できるワクチン候補の具体的な検討に入った。塩野義製薬は組み換えタンパクワクチンを開発中で、どんな物質を投与すれば変異株への免疫がつくかを調べ始めた

 お客さんの声~ 中津に久し振りに帰って来ました。久し振りにぶんごやさんの「中津からあげ」を食べました。大満足です!美味しかった!! H,Sさん 有難うございます(-_-)202151216233.JPG2021512162338.JPG