ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

中学生からのお礼状

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当のNです。

昨年、故郷の山国町小中学校に、少しばかりの寄付をさせて頂きました。沢山の生徒さんから喜びと感謝の礼状を頂きました。その一部を紹介させていただきます。

~今、山国中学校では、部活、勉強、AKB山中生などより多くの活動に取り組んでいます。その中で、西郡さんが寄付してくれたことで、益々山国中学校が発展していくことと思います。

                                                                       有難うございました。吉瀬勇輝

~自分は理科の実験がとても大好きです。実験道具が増えたお陰で授業がとても分かりやすくなりました。これからも大切に使わせて頂きます。有難うございまし。瑞穂(3年生)

~僕は本を読む事が好きなのでよく図書館へ行きます。そこに新しくソファが設置されたおかげで前よりも楽な姿勢で本を読む事が出来てとても助かっています。おかげで楽しく本を読む事が出来 ます。3年 財津和弥  ~この前の授業でバレーをしました。今までは、支柱が重くて、錆びていたのでさわったら匂いがきつくて、手も汚れていましたが、今度の支柱は軽くて、手も汚れず準備や後かたずけ等がスムーズになりました。有難うございました。3年 坂本謙太

 

2018312164740.JPG   2018312164848.JPG

 

 

 

 ~お客さまは神様です~

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

~お客様の声~ 岡山から来ました、(^v^)日本一周の途中です。「中津からあげ」の一番美味しい店と聞いてきました、本当に美味しかったです、ごちそうさまでした。「インスタKさん」

        ~休日デートです。「中津からあげ」のはしごしています、彼好きなんですが複雑です。すべてを知ろうとするとダメなのかも知れませんネ、ともあれ「中津からあげ」大好きで         す。砂ずり、買ったので上備品をつくります。愛するダンナ様のためです、愛してしまっています、こんなに大事にされているのに、足りないと思うのはどうしてだろう?~

                                                                                 ~ Sさん~

       ~山口から来ました、「中津からあげ」がどうしても食べたくて大分県の中津市まで旦那と二人でラブラブ気分でやってきました。旦那のリクエストです、~Tさん~201833172335.JPG201833172539.JPG 

        

豊後牛香港でPR

JA全農おおいたは1月中香港のあるJA全農ミートフーズ直営店。和牛焼肉「純」の2店舗で、おおいた豊後牛フェアを開いた。昨年11月に香港に輸出した牛肉の一部を、今回のフェアで提供した。フェア中の『純」の店舗は、「おおいた豊後牛」一色になり、ポスターやパネル、専用メニューを設置。併せて、全国和牛能力共進会宮城大会(宮城全共)での活躍や特産品紹介など、大分県の食情報をPRした。JA全農大分は、JAや行政と連携し「おおいた豊後牛」や高糖度カンショ「甘太くん」、「日田なし」等の特産品の輸出を展開している。合わせて「中津からあげ」の宣伝もしてくれたら有難いですネ! ~お客様の声~ 福岡から金色温泉に入りに来ました。温泉で気持ちが良くなった後、お腹がすいたので携帯で「中津からあげ」を調べたら「ぶんごや」さんが

一番人気ありそうなのでここにきました。若くてキレイナ店員さんが親切でした、からあげも美味しかったです。また、中津に来た時にはからあげを買いに来たいです!Tさん2018221143816.JPG2018221143852.JPG

 

 

 

「中津からあげ」鶏供養祭

こんにちは、 「ぶんごや」ブログ担当のNです。

「中津からあげ」で地域興しを図る中津市で先日、食材の鶏に感謝する「鶏供養祭」が行われ、からあげ店の店主ら約20人が商売繁盛などを祈願した。市内のからあげ店でつくる「聖地中津からあげの会」が主催し、今年で4回目。同市の中津大神宮では、各店が持ち寄った「中津からあげ」計約9キロが祭壇に供えられ、参列者玉串奉納等を行った。終了後、間地会長は「今年もどんどん中津からあげを販売して、中津市を全国にアピールしていきたい」と意気込んでいました。 「中津からあげ」も今ではかなり全国的にも有名になってきましたが、これからも、さらに知名度アップを目指して「聖地中津からあげの会」としても、一致協力して頑張りましょう!

2018217101533.JPG201821710162.JPG

 

熊本からのお客様

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

先日、1人の青年が熊本市から「中津からあげ」を買いにわざわざおいで頂きました。店内で昼食を済ませて、それから中津名物で知られる双葉堂の「ビスマン」を買いに行くと言われたので

製造元の本社まで、案内致しました。「中津からあげ」と中津で一番評判の良い「ビスマン」を食べて大満足ではなかったかと思います。遠方から来て頂き本当に有難うございました、ぶんごやの

耶馬渓産「鹿肉の燻製」をお土産にお持ち帰り頂きました。お客様の声~  大阪からきました、親戚のおばさんから「ぶんごや」さんのからあげは凄くおいしいと聞いていましたので、」中津に来たので、連れてきてもらいました。本当においしかったです。又来たいです。Iさん  。岡山の倉敷からきました!噂どうりに美味しかったです。来月耶馬渓の方に来ますのでその時にまた

ぶんご屋さんの「中津からあげ」を食べに来ます、Tさん お待ちしています、是非おいで下さいお待ちしています!

 

2018215115638.JPG20182151224.JPG

大江戸温泉物語清風の「中津からあげげ」

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです、

先日、家内と別府の清風に泊まり12階のレストランに食事に行きました。並べられた料理の中央になんと「中津からあげ」があるではありませんか、びっくりしました。誰が出店してるのかと思い周りを見回しましたが誰もいません。そうかやはり、メニュー板だけでした。時々この手の話はよく聞きます、先日も豊後町店のお客さんが来て、ネー「ぶんごやさん」長崎に嫁いでいる

娘から電話があり、中津のぶんごやさんが自宅のすぐ近くに「中津からあげ」のお店を新しく開店したよ!と電話があったけど「新しくお店を出したんだってねー」と言われ、え!とびっくり

しました。そうです、誰か見ず知らずの人が勝手に「中津からあげ」の看板を上げて営業してたようです。最初のころは良くこの手の話は入って来ました。見せかけの商売がお客様に通用するはずがありませんよネ(*^_^*)

201827113543.JPG201827113649.JPG201827113758.jpg

月刊「セーノ」掲載

こんにちは「ぶんごや」ブログ担当Nです。

大分の月刊情報誌「セーノ」で今回「中津からあげ」で当社が取材をうけ、明治、大正、昭和、平成と続いてきた中津城傍にある「汐湯」も紹介されました。私も時々入浴に行きますが、海水を沸かした湯ぶねに入ると体が芯から温まり湯冷めがしませんし、体の皮膚もシャキットなります。~記者の感想~ おっと!中津に来たからにはやはりここも。「中津からあげ」と呼び名がつく

40年も前から肉屋さんの「からあげ」として市民に愛されてきた豊国畜産「ぶんごや」。帰省時には、おふくろの味よりここの「中津からあげ」を所望する人も少なくないというその味を、

岐路の車中で頂くとしよう。~  わざわざ大分から取材に来て頂きそのうえ「中津からあげ」お買い上げいただきまして、有難うございました。(^o^)

201823135246.JPG201823135330.JPG

 

「しし鍋」のアイデア料理

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

猪肉のことを「ボタン肉」とも言います。先日、日田市内の高校生がボタン鍋を競う「ひたジビエレシピグランプリ」の審査会があり5チームがアイデアと調理の腕を競った。市ジビエ推進協議会が、市獣肉処理施設で加工処理された「日田ジビエ」を高校生のアイデアを生かして情報発信しようと企画した。各チームは約2時間で調理と盛り付けをして、プロのセェフが審査。日田高校の

3年生2人組「ミトコンドリア」の「日田満喫鍋」と、昭和学園高校調理科の2年生4人組「SGCD4]の「野菜たっぷりミルクカレー鍋」がグランプリに選ばれた。満喫鍋はシシ肉をたねにした

ギョウザと白菜ロールが入り、ゆずこしょう等を使った2種類のたれを用意。ミルクカレー鍋は牛乳をベースにしただし汁に野菜としし肉が入り、カレー味で子供にも好まれそうな仕上がりでした

しし肉の手っ取り早くておいしい料理は、上質のしし肉を使った「すき焼き」と「水炊き」が最高に美味しいです。

20182113524.JPG 

生衛功労会長受賞!

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

昨日、大分県生活衛生同業組合連絡協議会会長の功労者表彰があり、理容組合から3名、飲食業から5名美容業から4名、社交飲食業から1名、食肉組合から1名、推薦で選ばれ表彰式が行われました

不肖私も、食肉組合から推薦を受け受賞しました。生衛法60周年記念大会が大分市のホテルで開催され、広瀬県知事をはじめ、大分県選出の国会議員や県会議員が来賓として出席され、祝辞を

頂きました。記念講演では、「生活衛生法施工60周年と今後の生衛業界について」と題して(公財)全国生活衛生営業指導センター「桑原廣美」特別事業相談室長の話を聞く事が出来ました。

今までの生活衛生法は、自分たちの会社を守る、自分たちの店を守る法令から、地域に貢献しお客さんを守る法に変わってきている。等など聞かされこの法律に幸せを感じる事も大事な事です、

と言われていました。なるほど!そうだ!当社の豊後牛を食べて頂き、「中津からあげ」を食べて頂き有難うございます、感謝し本当に幸せを感じます、お客様ありがとうございます<m(__)m>2018130162246.JPG2018130162812.JPG

故郷のドンド焼き

こんにちは、「ぶんごや」ブログ担当Nです。

昨日は休店日で、故郷の中津市でも一番山奥の山国町で、ドンド焼きが行われていました。小学生から70代の高齢者まで集まり一集落の行事として、毎年一月の日曜日に行われている様です。

「ドンド焼き」とは小正月の行事で、正月の松飾り、しめ縄、書き初め、等を家々から持ちより、一か所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。

一般的には、田んぼや空き地に、長い竹や木、藁、カヤ、杉の葉、などで作った櫓の小屋を組み、正月飾り、書き初めで飾り付けしたのちそれを燃やし、残り火で柳の木や細い竹に刺しただんごや

餅を焼いて食べるという内容で1月15日前後に各地で行われます。どんど焼きの火にあたったり、焼いた団子を食べれば、その一年間健康でいられるなどの言い伝えもあり、無病息災、五穀豊穣、

を祈る民間伝承行事です。昨日丁度そばを通りがかり、立ち寄ってみました。餅だけでは足りないようでビールや豊後牛の焼き肉おむすび「中津からあげ」なども用意されていたようです。

201813011345.jpg